apps
   
レイキ仁慧道
投稿日:2020/02/02

レイキは誰でも簡単に習うことの出来るヒーリングシステムです。特に霊感やマッサージスキルが必要なものではありません。

 

「やりたい!」という気持ちがあれば十分です。

 

 

私達はレイキ(宇宙エネルギー)を持って生まれ、常に宇宙エネルギーとコンタクトが取れるような機能を内蔵しています。全ての生物は宇宙エネルギーを持っています。その宇宙エネルギーがレイキなのです。

 

誰もが持っているレイキなのですが大多数の人たちは大人になる頃にはレイキを受信することが困難になってしまいます。それは個性を押さえて望まない生活環境や社会の仕組みに合わせて生きなければいけないために自分自身を閉じてしまうからです。

 

レイキ(宇宙エネルギー)を受けるのはちょうど目に見えない電波をラジオが受信するのと同じことです。電波は飛び交っているのにラジオのチューニングがあっていないために受信できなかったり、ノイズが入ったり、アンテナが折れていたり、あるいは電波を受信はしているのだけれどボリュームが低すぎて聞こえなかったりと電波をキャッチできない理由はいろいろあるでしょう。

 

しかし、レイキの講習を受けることによりレイキマスターが個人個人の持つラジオ(宇宙エネルギー受信装置)の調整を取ります。この宇宙エネルギーを集中的に取り入れることによって人間が本来持っている自然治癒能力を促進させ肉体的、精神的、霊的なトラブルを解消するのを助け、人生をより良い方向へと変えてくれます。

 

レイキにはいろいろなレイキがあります。私がレイキに出会った1990年は日本では全くレイキのことは知られていませんでした。欧米で大きく広まり、それが逆輸入のような形で日本に入り知られるようになりました。日本で西洋レイキが流行りだした後に今度は日本から「これが伝統的なレイキ」だと名乗りを上げるいろいろなレイキが出てきました。

どのレイキもレイキ創始者の臼井先生の教えが時を経て人から人へ国から国へと伝えられる過程でレイキマスターによって少しずついろいろなものが取り除かれたり、付け足されて変わっていきました。

 

私は欧米の流れを受けた西洋レイキを習い、それを1993年からマスターティーチャーとして教えてきました。そして、後にレイキ仁慧道に出会い、私にはこちらのレイキの方がしっくりきたので、レイキ仁慧道を教え広め始めました。

 

レイキ仁慧道が欧米で広がったレイキと違う大きなポイントは「まず自分を整えて癒すこと」です。

 

臼井先生が瞑想をしてレイキ(宇宙エネルギー)と繋がり、レイキを他人に伝授する方法を見出したように、瞑想はとても重要なツールです。しかしながら多くのレイキは「他人を癒す」ことに重点を置いています。

 

レイキ仁慧道では瞑想、内観、自分自身の心の動きの観察を中心にレイキを学んでいきます。自分を整えて癒していく過程で発見することもたくさんあります。

 

レイキ仁慧道は臼井先生がレイキに出会うために修業をした禅、仏教の流れを保ったレイキです。

 

瞑想が辛いものではなく、楽しいものだということがしっかりと体感できます。

 

ワークショップではレイキの瞑想、内観、自分で自分を癒す方法、他人を癒す方法の他、ネガティヴなエネルギーをポジティヴなエネルギーに変換して活用する方法、嫌いな人にネガティヴな思考を送る変わりにポジティヴなエネルギーを送ることの理由、地球、宇宙と自分の関わりなどを含めて講習では宇宙エネルギーとの調和を学びます。

 

 

 
【レイキの効果】
* 自己免疫力が高まる
* 精神状態が安定しリラックスできるようになる
* 自分の芯がしっかりしてくるので人間関係向上につながる
* 瞑想が簡単で楽しくなる
* 食物から体に悪い要素を除去することが出来る
* 不眠症、便秘・下痢、生理不順、精力減退、神経痛の改善
* いつまでも若々しく、疲労回復が早くなる
* 金縛りなどの霊障がなくなる
* 自分だけではなく家族や友人を肉体的、精神的に整え癒すことが出来る
* 人間だけではなく動物、植物の成長促進、病の改善

 

 

【よくある質問

Q:レイキは宗教団体ですか? いくつもの派閥があると聞いたのですが…

A:レイキは宗教団体ではありません。レイキの創始者である臼井先生はクリスチャンでしたが、そのことには囚われずに古い仏教典からレイキ(宇宙エネルギー)を修得する方法を学びました。

レイキの信条に「両親、師、目上の人々を尊敬し正直に生きて、全ての生ある物に感謝する」というものがあります。
これらの言葉を聞くとすぐに「なんか宗教みたい」と反応する人がいますが、レイキのワークショップで聞く「宗教みたい」という話は人間が持つべき最低限の「道徳的」なことです。

 

創始者である臼井先生はレイキを宗教としては説かずに「自然療法」として教え広めました。レイキの力を人々に見せて臼井先生自身を教祖様にしてレイキを宗教として広めることも可能であったのに臼井先生はそうはしませんでした。レイキとはそういうものではないのです。

 

レイキマスターは聖者ではありません。レイキを教えるインストラクターです。昔と違って今では経験がなくてもお金を出せは誰でもマスターになることが出来ます。それが短期間にレイキが世界中に広がる助けをしたとともに、訳の分からないレイキマスターがでてきたことも見逃すことはできないでしょう。

 

レイキマスターを選ぶときはそのレイキマスターのルーツを尋ねてみて下さい。貴方の出会ったマスターのマスターは誰か、そしてそのマスターのマスターはとさかのぼって臼井先生にたどり着くまでのルーツをはっきりと生徒に示すことのできないマスターは避けた方が良いかもしれません。

 

 

Q:誰でも出来ますか? どれぐらいで他人を癒す力が身につきますか?

A:誰でも純粋な目的で「レイキを習いたい」という気持ちがあれば習う ことが出来ます。講習を終えた時点でレイキの力はついています。

 

自動車の運転と同じです。自信なくよろよろと運転している初心者も運転歴10年の人も運転免許証と自動車を持っているという点では同じです。レイキが自分に出来るのかという不安はたくさんの人が自動車学校で持つ不安と同じです。

 

免許証を貰っても始めのうちはドキドキしながら運転していた人も、いずれは高速道路を走って長距離ドライブに出かけるように上達していきます。自動車の運転は便利ではありますが、いつも危険が伴っています。

しかし、レイキは初心者でも安全で無害です。そして自動車の運転ほど複雑ではありません。ただ手を当てればよいのです。「手当て」という言葉はここからきています。

 

他人に対してのレイキも運転に例えることが出来ます。初心者でも助手席に人を乗せることは出来きます。運転する人も助手席に乗る人もリラックスしてドライブ出来るのはある程度運転の経験を積んでからです。レイキも当日から他人にレイキをすることは出来ます。

 

練習をすればするほど他人を癒すことが自然に行うことが出来るようになり、リラックスすればするほどレイキの流れは良くなります。
しかし、レイキ仁慧道ではまず他人よりも自分を癒すことが先だと教えています。

 

レイキは使わないとなくなってしまいますか?

A:無くなってしまうことはありません。本人がそのように感じるだけです。自転車や車を長い間運転していないと感覚が戻ってくるのに時間が掛かります。感覚が戻ってくるまでの時間はその人の運動神経やどれぐらいの期間運転していなかったか、そしてその人の自信によって個人差があるでしょう。

 

 

Q:レイキを習うと超能力がつきますか?

A:レイキにはレイキI(いち)とレイキII(に)があります。レイキII(に)では「遠隔療法」というものがあります。その言葉通り距離が離れている相手にレイキを送る方法です。ΟΟ祈願と書いた御札一つ一つにお坊さんが護摩を焚いて念を送るのと似ています。

遠隔療法の練習を続けていると第三の目が刺激されるために、その副産物としてオーラや霊が見えるようになった人もいます。これらのことを超能力、特殊な能力というならば可能性はあります。

 

他にレイキに関してご質問がありましたらお問い合わせからお気軽にご連絡くださいま